車を売る時の注意点のご紹介

車検証と住民票

ここでは、必要な書類1として、自動車検査証と住民票の写しについてお話しします。

自動車検査証とは、自動車の所有者や仕様書を証明するものです。この書類がないと、自動車を売却することはできないです。売却するときには必ずあるかを確認しましょう。また、道路運送車両法では、走行する際には常に自動車の中に保管しておくことが義務付けられているので、不安に思った方は確認してください。助手席のグローブボックスに入っていると思います。

住民票の写しについてです。引越しをしたりした場合に必要となります。特に、印鑑登録証明書と他の書類との住所が違っている場合に必要となります。住民票は近くの役所などで、一通300円で獲得できます。

自賠責保険と納税証明書

ここでは、必要な書類2として、自賠責保険証明書と自動車納税証明書についてお話しします。

はじめに自賠責保険とは、車の所有者が必ず加入しなければならない車に関する保険です。これは法律で決められているもので、車を買うと同時に加入します。自賠責保険証明書は、保険の内容を記載したものとなります。これも自動車保険証と同様に車のグローブボックスに保管しているはずです。今一度、確認してみてください。

続いて、自動車納税証明書についてお話しします。これは、自動車税を納めた証拠となる証明書となっています。もしも、税を納めていない場合、足りない分の税を納めないと車を売却することができません。これも確認してみてくださいね。税を納めていないことがわかった時は、税務署へ問い合わせしていだだくことが解決策となっています。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ