自動車を売るときに必要なものってなんだろう?

車を売却する際に必要な書類まとめ

車を売る時の注意点のご紹介

ここでは、車を売却するときに一般的に必要な書類を紹介します。一般的な書類とは、車=軽自動車・普通自動車・バイクと考えていただき、そのいずれを売る時にも必要な書類と思ってください。どの車を売却する際も多くの書類が必要となりますので、ぜひこのサイトで確認していただけたらと思います。

一般的な必要書類

車を売却する、といっても簡単には決めることができませんよね?実際には、どれくらいの値段が今の車につくのか、なんて疑問もありますよね。そこで、ここでは疑問を解決していただけるように、査定の項目についてお話しします。

車の買い取り相場を左右する要素には主に6つあります。モデル・年式・走行距離・ボディーカラー・事故の有無・オプションの以上6点が重要となってきます。では、簡単にはなりますがご紹介します。
・モデルについてです。モデルとは車の形と考えてください。モデルは最新のもの(現行モデル)が高値で取引されます。前のモデルも比べると安いですが、リセールバリューも低いのでそこまで心配することはありません。
・年式についてです。年式もモデル同様最新のものが高値で取引されます。
・走行距離についてです。走行距離は最も価格に影響を与えます。同じ車種・年式の車でも1万キロと10万キロでは、価格差が100万以上にもなることがあります。
・ボディーカラーについてです。人気のものはやはり高値で取引されます。車種によっても違いますが、ブラックとホワイトは人気色の定番となっています。
・事故の有無についてです。やはり無事故車の方が高値で取引されます。しかし、事故車と判定されても、場所によっては値段のつけ方が大幅に違います。フロント側を損傷した場合、クーラーやエンジン等が損傷することが多いので、値段が下がってしまいます。後部側では、トランクルームになっていたりすることが多いので、損傷が抑えられフロント側の事故車よりは高値で取引されることが多いです。
・オプションについてです。オプションというと、サンルーフ・ナビゲーション・革のシートなどが当てはまります。しかし、パーツの組み合わせや流行によっても左右されてしまう点なので要注意です。

いかがでしたでしょうか。車売却の際はこのような判別方法で査定されています。

ここでは、軽自動車を売却する際に必要な書類を紹介します

最近は軽自動車を持っている方も多いのではないでしょうか。小回りも利き、駐車スペースもそれほどまでに取らない軽自動車は人気となっています。CMなどでも可愛らしく、かっこよく宣伝されているので、欲しいと思う人も増えています。 それでは、軽自動車を売却する際に必要な書類についてお話ししていきます。

もしも、必要書類を紛失・破損してしまったら?

ここでは、必要な書類を紛失・破損してしまった場合の対処法についてお話しします。いつも車の中や家に保管していると言っても不慮の事態が起き、紛失・破損してしまうかもしれません。 そんな時にこのページを見ていただいて、書類の提出漏れや紛失・破損したことによる不安を取り除けたらと思っています。